『オノゴロ物語』とは

VRならではの体験性で話題を呼び、世界各国のゲームやVRイベントで数々の賞を受賞したVR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』の発売から2年。

同作のプロデューサー/ディレクター髙橋宏典と開発チームが新たに手掛けるのはVRアクションアドベンチャーゲーム『オノゴロ物語 ~The Tale of Onogoro~』です。

また、対応するヘッドマウントディスプレイはQuest platform、配信ストアはMeta Quest Storeとなります。価格は2,990円(税込)にて世界同時に2022年3月18日に発売しました。

◆VRで体感する物語

「VR時代の新しいアドベンチャーゲーム」をコンセプトに開発され、VRだから実現できる世界観と、仮想キャラクターとのコミュニケーションを体感できるVRアクションアドベンチャーゲームです。

◆巫女「ハル」と協力してVR空間ならではの謎を解く

足を鎖で囚われた巫女ハルと共に、町に仕掛けられたカミ鎮めの装置である神籬(ひもろぎ)の謎を解き明かしていきましょう。

中にはハルにしか操作できないもの、プレイヤーにしか操作できないものがあり、二人で協力しなければ謎は解けません。

VR空間ならではの謎解きやアクションアドベンチャーを体感しましょう。

◆巨大生物「カミ」と大迫力のバトル

オノゴロ物語の舞台となる「オノゴロ島」では5柱もの荒ぶる獣のような巨大生物「カミ」が待ち受けています。

ハルと協力して、それぞれのカミの攻略方法を探し出し、カミを鎮めましょう。